手軽なジグヘッド量産化計画 HMC Lures Fishing report

湾奥を中心にハンドメイドルアーを駆使しシーバス・メバルなどを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--(--)】
スポンサー広告 |

手軽なジグヘッド量産化計画

最近、面白い現象が起きてます~っ。


何かというと、「ある」キーワードの検索率が目立ってるんですよぉ。
どんな、ワードかというと、


「ジグヘッド 自作 鋳造 メバル」などの組み合わせなんです。


ジグヘッドを自分で作りたい方が多いみたいですねぇ~。
そこで今回は、簡単にジグヘッドを量産する方法について考えて見ます。


さて、、簡単に作るためにはどうしたらよいのか?
まあ、単純なのは既製品を組み合わせることでしょう。
単価やカスタマイズ性は落ちますが、手軽に作れるはずです(・・。)ゞ テヘ


てなことで、こんなハリ売ってるんですねぇ~。


icon
icon

え~、正直いうと、
最近までこんなハリが売ってるの知りませんでしたヾ(;´▽`A``アセアセ


このようなジグヘッド用のハリ買ってきて、
ガン玉付ければ完成なんですねぇ・・・。


しかし、こんな情報だけではあまりにもなんなので、
少しでも単価を下げる方法をひとつばかり・・・。


ちょいと、有名な釣り針屋さんをご紹介します。


(株)土肥富 (MARUTO)


基本100本単位の販売ですが、1本の単価を10円程度にできますので、
量産する方には、お勧めです( ̄ー ̄)ニヤリッ


この記事に対するコメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。