FC2ブログ

ルアー作りの必需品? HMC Lures Fishing report

湾奥を中心にハンドメイドルアーを駆使しシーバス・メバルなどを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--(--)】
スポンサー広告 |

ルアー作りの必需品?

え~、だいぶ間は開いてしまいましたがルアー作りの続きを。


前回、バルサへの罫書き・切り出し・張り合わせまで行いました。
そこで今回は、シェイプからシンカーやアイの仕込まで追っていきたいと思います。


とはいうものの、シェイプ(削りだし)の画像を取り忘れてしまいました( ̄▽ ̄;)!!ガーン
自分では撮ったつもりだったんですが、どこにもない・・・。


なので、割愛させていただいて道具だけ紹介(^_^;)


前にも紹介させてもらったんですが、


P1000070.jpg

こちらの道具です。


何する道具かといいますと、ブランクのアールを均一に出すものです。
角を落としたブランクにこすり付けると均一に丸く出来ます。


いろんな厚さや角度に対応するため、何種類か作ってあります。


そこそこ、オートマチックに作業が出来るので便利です。
ああ、最後の微調整は手の感覚が頼りなんですが(;´∀`)


ブランクのシェイプが完了したら次は、アイを仕込みます。


まあ、この辺はいろんなとこで説明されてますのでさくっと行きます。


今回のルアーは、ジャークベイトにするつもりなんですが、
少しでもスライド幅を稼ぐためにアイの向きを横にしてみました。


P1010225_1.jpg

こんな感じ。


この選択が、吉と出るか凶と出るかは泳がしてみるまで分かりません(;´Д`)


アイを仕込み終えたら次は、シンカーです。
私がシンカーとして使ってるのは基本ガン玉なのですが、実はもうひとつあります!


なにかというと、板オモリです。


P1010119_1.jpg

これを、全体のバランスを取るために使ってます。
細かい重さ調整が出来ますし、入れる場所も自由自在です。


では、シンカーを仕込むに便利な道具を紹介します。


P1010120_1.jpg

こいつらですw


えーちゃんと言うと、リューター・プライヤー・ノギス・テンプレートです。


実際どう使うのかというと、
リューターには↓のような木工歯を付けて使います。



正直、これ使うと病みつきになります。
必要以上に削りたくなりますよ~。


次にプライヤーはガン玉をつぶすのに使います。


ペンチなんかでもいいんですが、
プライヤーのほうがまっすぐ平行につぶせるのでこっちを使います。


つづいては、ノギス


これは、言わなくても分かるでしょうが位置や深さの確認に使います。
ノギスはシェイプの時など全体を通してよく使うので持っておくと便利です。


最後に、円型のテンプレート。


設計図面などに使われるものです。
なにに使うかというと、シンカーの位置をケガクのに使います。


P1010126_1.jpg

使わなくても出来るのですが、これ使うと綺麗に円が彫れるので、
隙間を作らずシンカーを収めることが出来ます。


さあ、これでアイとシンカーを埋め込みましたので、
再び張り合わせて、瞬間接着剤で固定し、ドブ漬けへと進みます。


次回はっていってもいつになるか分かりませんが、
エラ周りの表現あたりを書いてみようかと、思います。

この記事に対するコメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。