LEDであれこれ・・・。 HMC Lures Fishing report

湾奥を中心にハンドメイドルアーを駆使しシーバス・メバルなどを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--(--)】
スポンサー広告 |

LEDであれこれ・・・。

相変わらず、釣りに行けてない今日この頃・・。


ほんとのこと言うと、ちょっとだけ行ったけど、
各国のお偉いさんがたくさん来てたせいで、港湾部もゴタゴタ・・・。
早々に撤収したりしなかったり(^_^;)


そんな訳で、釣りネタがないので車用のLEDバルブ工作ネタを少々。


まあ、数年前と違ってLEDバルブも安くなりました。
某オークションでは、部品を買うより安い値段で完成品が手に入ります・・・。


し・か・し、


やっぱり、自分で作ってみたいんですよねぇ~(;^_^A アセアセ・・・


そして、作る以上は売ってないものを作ってやろうと思います(≧∇≦)b
なのでテーマは、T10ウェッジ球の、限界に挑戦です。
(T10ウェッジ球とは、よく車幅灯などに使われてる電球の規格)


材料はこちら、


P1000987_1.jpg

市販のものは、SMDを四角形に3個並べているものが主流のようなので、
私は、六角形に3個、18灯に兆戦します。
ちなみに、このSMDは一個の中に光源になるチップが三つ入ってるので、
実質、54灯仕様ですよ~。


さて、実際やってみるとこれが難しい・・・。
基板に付けて組み立てると、到底ウェッジベース内に収まりません。
そこで、素人ならではの強硬手段!


SMD同士をハンダ付けして、ボンドで補強作戦(;^_^A アセアセ・・・


それを6個作り、仮組み。


P1000971_1.jpg

なんとか、スペース内に収まりそうです(≧ω≦)b OK!!
それではってことで、抵抗や整流ダイオードを取り付けて組み立て。


ここで、問題発生!


抵抗が、ウェッジベースの中に納まりません・・・。
ケチらずに、小型の抵抗を仕入れるべきだったかも(ノд-。)クスン


とりあえずの対応策で下駄を履かせました。
下駄ってのは、13mmのアルミパイプです。
うまくいけばヒートシンクの代わりにもなるかも~。


そして、組み立てた状態がこちら


P1000977_1.jpg

点灯させると、こんな感じ


P1000974_1.jpg

天辺には、3チップのFluxLEDを付けました。
なので、合計57灯仕様のT10ウェッジ球になりましたヽ(=´▽`=)ノ


発熱の問題があるので電流は抑えてあるのですが、めっちゃ明るいですよ~(*^.^*)エヘッ


ちなみに、今回使った材料一覧及び単価(あくまで目安です)


  • SMD 3チップ白色 (KWT728-S) 18個×¥75
  • 超広角 3chip PowerFLUX 白色 1個×¥60
  • T10 ウェッジベース 1個×¥15
  • 整流ダイオード1N4007 1個×¥4
  • 1/4W カーボン抵抗 150Ω 1個×¥4
【2010/11/27(Sat)】
WISH(ウィッシュ) | TB(0) | CM(0)
この記事に対するコメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。